まとめて料理を載せる料理

主食や主菜、副采を全て同じさらに載せる料理をワンプレート料理と呼んでいます。
お皿の枚数を減らせるので、後片づけが楽になります。
家事の負担を削減したい人は、ワンプレート料理をこれから作ってください。
適当に盛り付けると見た目が悪くなるので、食欲が湧きません。
料理は、見た目も非常に重要です。
主食や主菜を、真ん中に載せてください。
副菜は端に載せると、バランスが良くなります。
パスタなどの麺類は、高さを出して盛り付けると綺麗に見えます。

ワンプレート料理専用のお皿があるので、それを使う盛り付けしやすいです。
区切られているので、隣の料理と味が混ざることがありません。
隣同士に料理を置くと、味が混ざって変になることがあります。
区切られているお皿を使えば、汁物のおかずを作っても問題ありません。
ワンプレート料理に慣れていない初心者でも、綺麗に盛り付けられるので楽しくなるでしょう。

朝食でも夕食でも、ワンプレート料理を作れます。
朝食はパンやサラダ、ヨーグルトなどを乗せるとオシャレに見えます。
夕食は肉料理とライスを乗せると豪華になりますね。
少ないお皿を洗うだけで良いので、自由な時間が増えます。
仕事で忙しい人は、自宅で家事ばかりしていると休む時間がなくなってしまいます。
疲れた時は、きちんと休んでください。
元気な時は空いた時間を利用して、掃除など他の家事に取り組みましょう。
後片付けを早く済ませることで、時間を有効に使えます。

ワンプレート料理の作り方

料理を別々のお皿に載せていると、たくさんのお皿を使うので盛り付けが大変になります。 ワンプレート料理にするとお皿が1枚で良いので、洗う枚数も減って後片づけが楽になるのでおすすめです。 大きなお皿に料理をまとめて載せれば良いので、ワンプレート料理を作るのは難しくありません。

区切られているお皿を使おう

汁物は、隣の料理に味が混ざりやすいので注意してください。 しかし離して料理を並べると、見栄えが悪くなります。 問題を解決するために、区切られているお皿を使ってください。 ワンプレート料理専用のお皿なら、料理を1品ずつ並べられるように区切られています。

朝食でも夕食でも活躍する

朝は、非常に忙しい時間帯です。 盛り付けや後片付けの時間を短縮するために、ワンプレート料理を作りましょう。 パンとサラダ、さらにフルーツなどを載せると立派な朝食になります。 栄養バランスも良いので、朝から元気になれるでしょう。 どんな時でも、ワンプレート料理を作れます。