>

朝食でも夕食でも活躍する

朝食をワンプレートにしよう

後片付けを簡単にすることで、仕事に行く準備をゆっくりできます。
急いで準備していると、忘れ物が多くなるので注意してください。
朝は、まず主食がパンかご飯になります。
簡単に済ませるなら、パンがおすすめです。
パンならおかずがなくても、バターやジャムを塗るだけで食べられます。
栄養バランスを考える場合は、フルーツやサラダを追加してください。

それだけではタンパク質が足りないので、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を食べましょう。
フルーツやサラダは皮を剥いて、食べやすい大きさに切るだけで良いので手軽です。
包丁やまな板を使わないように、レタスやトマトなど洗うだけで食べられる食材を使っても良いですね。
献立を工夫して、準備を早く済ませましょう。

健康的な食事を考えよう

夕食を決める際は、主菜と副菜のバランスを考えてください。
肉や魚のメインだけでは、野菜不足になります。
ワンプレート料理は、1皿に全て盛り付けます。
メインだけでは寂しいので、必然的に野菜といった副菜を盛り付けるでしょう。
ですから、バランスの良いメニューになりやすいと言われています。

ほうれん草のお浸しや、ナムルなどは作り置きができます。
副菜を作る時間がない時や、面倒な時は作り置きおかずを使ってください。
作り置きおかずがあれば、メインを作るだけで良いので時間短縮に繋がります。
仕事で遅くなった時も、安心ですね、
時間が空いている時に、作り置きおかずをたくさん用意してください。
夜のうちに作ってしまえば、明日のお弁当にも入れられます。